本文へスキップ

狭山茶吉野園は代々お茶作り一筋。ほのなか甘みの国産紅茶も大好評。

電話でのお問い合わせはTEL.042-989-2243


安心の製造直売 顔の見えるお茶


自家製狭山茶


毎日皆さまが口にされるお茶は、どこで誰が作ったお茶か、気にされたことはありますか?

毎日のお茶にもはっきりとした「顔の見えるお茶」を選びたいところです。

当園のお茶は、私たち家族の手で、自宅の茶畑で育てた木から茶を摘み、製茶加工し、直接お客様に販売する

自園自製自販の一貫体制です。美味しさと、安心をプラスして皆さまにお届けいたしております。

茶畑 画像1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

有機質肥料

味の決め手となるのは、土づくり=肥料が肝心です。良い肥料を与えた茶畑は、健康で味ののった肉厚の新芽が
芽吹きます。植物は本当に正直です。手をかけたら、かけただけの収穫をもたらしてくれます。
人もサプリメントだけで生きていけないと同じで、茶の木に対し、省力化で化成肥料ばかり与えるのではなく、
スタミナの付く有機質肥料をふんだんに与える事が肝心と考えます。その効果は茶畑を見れば一目瞭然。
葉肉の厚さ、色つや、幹の太さ、耐寒性、病害への抵抗力など格段に向上します。
つまり吉野園の茶の木は「健康優良児」元気にすくすく育っています。(下の写真は当園の特製肥料の一部)


肥料1 肥料2 肥料3 肥料4
魚かす カニ殻  骨粉  菜種かす 
肥料5 肥料6 肥料7 肥料8
乾燥海藻 カキ殻  米ぬか  配合して施肥する 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


最新緑茶工場

工場 画像1
工場 画像2  工場 画像3  工場 画像4
 2009年に完成した吉野園の緑茶製造ライン。当園ではこの主力の60kラインの他に、35kラインの
2つの生産ラインを保有し、小ロットの品種茶から、最盛期の生産までを余裕でカーバーします。
このたび導入した製造ラインはメーカーの最新型。一般的な静岡の「標準仕様」に対し、当園の機械は
埼玉で現地改修して蓄積したノウハウを設計段階から組み込んだ「埼玉仕様」になっています。
(例:60k粗揉機のモーターは90k用大型モーターを搭載。1.5倍の出力で多品種の製茶に楽々対応)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

社会科見学

小学生1 小学生2
 小学生3   小学生4  小学生5
 当園では、毎年地域の小学3年生を対象とした社会科見学を実施しています。また日高市の社会科の副教材に
も吉野園が紹介され、地元の産業である「狭山茶」を、地域の子供達により深く関心を持ってもらおうと
取り組んでおります。


販売している私たちが大切に育てたお茶です。 夏の草取り、真冬の堆肥まき、一年中付きっ切りの 自慢の茶畑のお茶です。ぜひ味わってみてください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2016年1月 市民講座でお茶の講義を行いました

日高市吉野園が市民講座を行います

次のページは
吉野園のお茶作りの技術力
をご紹介します →クリック
次ページ

このページの先頭◆「蓬莱錦茶」「うちの畑のお茶」「和紙火入れ」は、吉野園の登録商標です。
◆ 安全上の理由により一般の方は工場への立入は通年でお断りしております。

shop info

■店舗/茶工場/茶畑 所在地

〒350-1211
埼玉県日高市森戸新田27
TEL.042-989-2243
FAX.042-985-8088



吉野園は「彩の国・優良ブランド」認定店です